国内最大級のオーバーウォッチ攻略・速報サイト

HOMEキャラクター一覧ダメージシンメトラの立ち回りやプロフィール【オーバーウォッチ攻略】

シンメトラの立ち回りやプロフィール【オーバーウォッチ攻略】

シンメトラの立ち回りやプロフィール【オーバーウォッチ攻略】

OverWatch(オーバーウォッチ)のシンメトラの攻略情報やプロフィールを紹介。メインウェポンやアビリティ、使い方の紹介、相性や対策などを掲載しています。OverWatch(オーバーウォッチ)のシンメトラを立ち回りの参考にしてみてください。

シンメトラのメインウェポン・アビリティ・使い方の説明

メインウェポン: Photon Projector(フォトンプロジェクター)

種別 ビーム
ダメージ 1秒あたり 60/120/180
弾数 100
リロード 1.35
効果 シンメトラが持続可能のビームを発射する、ビームは相手に1.3秒あてるごとに火力が増加していく
備考 シールドに当てると弾数が減らないので,シールドを撃って火力を上げてから相手に当てると初弾から秒間195ダメージを出せる。

当たり判定強化により一線級の火力を手にいれました
レートゲーム向けの性能なためビームがレベル1レベル2の内は謙虚な立ち回りが必要です
レベル3になっても突っ込むことはせずひたすら火力を出すのがコツです。

また火力を出すときには慢心せず、盾からもしくは横の敵から等
前から倒し相手を轢くイメージをするとかなりチームに貢献できます。

メインウェポン: Photon Projector(フォトンプロジェクター) エネルギー弾モード

種別 プロジェクタイル
弾数 70
ダメージ 直接ヒット120(フルチャージ)
爆風15~60
リロード 1.35
効果 フォトンプロジェクターからチャージ可能で接触すると爆発する,エネルギー弾を発射する

使用用途としては主にハラスやビームの届かない敵に使います。
チャージに時間がかかりますが、数秒間チャージマックスの状態をスタックできるため
相手との交戦が近いときにはチャージをしておくと
火力アップに繋がります。

同様にテレポーターで移動する際など
チャージしてから入ると即座に火力を出すことができるのでオススメです。

アビリティ1: Sentry Turret(セントリータレット)

種別 プロジェクタイル,ビームタレット
弾数 3個まで設置可能
ダメージ 1秒あたり40(攻撃中1個あたり移動速度-20%を付与する)
リロード 10秒で1個チャージされる
効果 シンメトラが近い敵をビームで攻撃するタレットを発射投擲する

ダメージ量、スロウ効果どちらも高く
シンメトラの遅延性能を大幅に増加させるアビリティです。

チョークポイントに置くことで効率的に働いてくれます、
相手に「入りたいけどタレットがあって入れない」
意識させるような置きかたをしましょう。
また、全て破壊されてしまうとシンメトラの強みがいかせず
集団戦に負けてしまうことが多いため
火力が低いビームレベル3時以外は大切に使う必要があります。

アビリティ2: Teleporter (テレポーター)

相手に止められがちなチョークポイントを一瞬で抜けられる
最強クラスのアビリティ、
ほかにも自分単体で裏どりにいったり、
はたまた即席のタンクデコイ
タレットを飛ばしたり等使用方法は人様々

難しい点として味方の協力が不可欠かつ
テレポーターによるチョークポイントの突破というのは
かなりハイレベルな連携を必要とし
主に競技シーンでの使用が主なため
野良だとレート帯が下がるにつれ成功率が減少してしまいます。

種別 デコイ.移動スキル.
ヘルス 300
効果 シンメトラがテレポーターの入り口と出口を設置する(1.5m内ならテレポーター可能)
効果範囲 ~25m
効果時間 10秒
クールタイム 12秒
アルテメット Photon Barrier(フォトンバリアー)
種別 分断.防衛スキル
ヘルス 4000
効果 シンメトラが直線状に展開する巨大なバリアを展開する(縦か横向きに置ける)
効果射程 ~25m
効果時間 12秒(もしくは壊されるまで)

ほぼ無敵のバリアを縦または横に展開します。

横に張ってしまうと相手が突撃してきたりして
バリアの意味がなくなってしまうため、
明確な使い方が思いつかない場合は横より縦に張ったほうが
有効に活躍する場面が多いです。

またこのULTは人数差をひっくり返すほどの性能はないため
勝てる見込みのない不利な状況では使用せず
6v6等対等な状況で使用したいところです。

シンメトラの苦手なヒーローと対策

ファラ

ファラ

攻撃が届かず、
向こうから一方的に攻撃されてしまいます。
シンメトラでファラを落とすなかなり大変なので
チームにとって脅威となるくらい
相手のファラが強い場合は
即座にヒットスキャンを出したいところです。

対策

ファラの通ってくるルートにタレットを置けば
かなりの確率で足止めもしくはキルをとることができます。
フリーなファラには負けてしまいますが
自分自身が1v1する覚悟で相手ファラに粘着すれば
相手と自分の技量次第で止めることができます。

ウィンストン

ウィンストン


ヘルス差、バリア差で1v1を挑むと高確率で負けます。
また、タレットもウィンストンのビリビリで
即座に壊されてしまうため、
ウィンストンのビリビリの届かない場所に
タレットを設置したりなど工夫が必要です。

対策

1v1なら負けますが、2v1にすれば
99.9%くらいの確率で勝てます
ウィンストンはバリアの中でしかあまり強くないので
バリアを置いてきたらバリア外で戦えるのがベストです。

相性について

トールビョン


全盛期はシンメトラとトールビョンを
アサルト防衛で出した際は勝率7,8割を
とれていた、鬼構成
お互いのタレットの相乗効果で
精密にとんでもない火力を出し
相手のフランカーやタンクをボコボコにできます。

弱点としては6ULTで当たられるとかなり厳しいです。

シンメトラtips

毎度お馴染みKarQの対everyhero tipsです。

世界一ともいわれるStevoooのmontageです。
フォーカスの貰われなさが肝のようですね。

シンメトラの立ち回りについて

攻撃側

基本的には味方の盾裏から相手陣地に
テレポーターでチョークポイントを抜けたり
盾裏からタレットを飛ばしつつ、
相手の盾を撃ちじわじわと勝っていくのが主です。
継続火力ではバスティオンの次で高いため盾割り対決では相手に裏どりされ
ワンピックされない限りは負けることが無いでしょう。
相手に裏どりをされてワンピックされる状況が続くのであれば
その裏どりしてくる相手に粘着をしたり

相手のほうが盾割りヒーローが多く前線に関与できないのであれば
テレポーターを使い自分が裏どりして相手の気を引くなど
Overwatchの頭の部分がとても求められます。

防衛側

基本的には攻撃と同じですが防衛側ではタレットを好きな場所に
置くことができ
、それをうまく利用することでかなりの時間を
相手に浪費させることができます、
そのため、タレットの置く位置を念入り考え決め
常に3個設置してある状況を維持しましょう。
また、シンメトラ相手の時はかなりの頻度で
トレーサー等のフランカーがでてきます。
素の1v1では負けてしまいますが自分がタレットを置いている
エリアまで相手を誘うことができればシンメトラは敗北を知らない
無敵のヒーローになるので1v1は積極的に行い、
自分のタレットをうまく使いましょう。

参考になるオススメ配信者

stevo

シンメトラGODです、
とりあえずstevoのシンメトラを見たら
全てを理解できます

https://www.twitch.tv/just_stevo

シンメトラのプロフィールとストーリー

シンメトラ
名前Satya Vaswani(シンメトラ)
年齢28
国籍インド
職業建築技師
活動拠点インド、ユートピア
所属ヴィシュカー・コーポレーション
ロールダメージ
体力200

シンメトラのストーリー

シンメトラは文字通り、現実を捻じ曲げる。硬質光から生み出す物体を意のままに操る彼女は、完璧な社会を構築し、世界をあるべき姿に導こうとしている。

オムニック・クライシス後、南インドのヴィシュカー・コーポレーションは新たな自立型都市を建設し、家を失った人々に新たな住居を提供するプロジェクトを開始する。こうして、最新の硬質光テクノロジーを用いた都市、“ユートピア”が誕生した。
このテクノロジーは道や住居、公共施設などを瞬時に生み出すことを可能にするものだった。

施光アーキテックの素質を持つ者は少なかったが、貧困にあえいでいた年若きサティヤ・ヴァスワニもその1人だった。ヴィシュカーのアーキテック・アカデミーに入学して以来、彼女は一度も故郷には帰れなかった。
孤独な生活に耐える為、勉強と訓練に打ち込んだ彼女は、すぐさまこのテクノロジーに習熟し、優秀な成績を収めた。他の生徒が形式的、機械的に硬質光で物質を生成するのに対し、彼女は故郷の伝統的な踊りを取り入れた動作で、糸を紡ぐようにして生成する。

サティヤはユートピア建設にも参加したが、ヴィシュカーは彼女の中にもっと大きな可能性を見出していた。“シンメトラ”の名を与えられた彼女は、企業の利益増加と他国への影響力拡大のため、秘密任務に派遣されるようになった。

シンメトラは、自らの行動が社会に貢献するものだと信じている。しかし、自分の望む統制と秩序は、人類にとって本当に望ましいものなのか。その答えは、まだ出せずにいる。

※公式より引用

オーバーウォッチのキャラクター一覧

ダメージのヒーロー一覧