国内最大級のオーバーウォッチ攻略・速報サイト

HOMEOverwatch速報PS4版 アドバンスド感度設定の解説!

PS4版 アドバンスド感度設定の解説!

PS4版 アドバンスド感度設定の解説!

今回はおそらく認識があいまいになっているであろうPS4のアドバンスド感度の項目について調べてきましたのでご紹介します。

もし感度の設定で迷っていたりしている方がいましたら参考になればうれしいです。それでは早速見ていきましょう。

ちなみにこれが私の設定です↓

エイム・アシスト強度

呼んで字のごとくエイムアシストの強さの設定です。
100近づくにつれエイムアシストの強さが強くなります。

エイム・アシストウィンドウ・サイズ

エイムアシストがかかり始める範囲を設定します。

ちなみに0にしてもエイムアシストは消えず、敵に照準があっているときにのみエイムアシストが発動するようになります。

例としてウィンドウサイズが10と100の場合でエイムアシストの範囲がどれぐらい違うのか試してみました。

ウィンドウサイズ10の時はこれぐらいの近さでエイムアシストが発動します↓

ウィンドウサイズ100の時はこれぐらい↓

結構違いますね!乱戦中のことを考えるとウィンドウサイズは低めの方がいいかもしれません。

エイム・アシストレガシー

気づいたら追加された項目。こちらはONにするとエイムアシストのアルゴリズムを以前のバージョンに、OFFにすると最新のバージョンにすることができます。

以前のエイムアシストの仕様

スティック入力の感度を低下させ、ターゲットを狙いやすくして精度を高める。

上記で低下した感度を補うため、ターゲットが動いている方向に自動的に照準を調節する。

最新のバージョンで追加された仕様

プレイヤーと比較して敵がどう動いているかを判定する際、照準を合わせているプレイヤーのスティック入力も考慮するようになりました。
つまり、ターゲットを完璧に追えている場合はエイム・アシストが作動しなくなります
また、戦闘中にターゲットを狙おうとしているときと、非戦闘時の体の向きを変える早さが近くなる効果もあります。

エイム・アシストのターゲット判定を改良し、プレイヤーが最も正確に追っているターゲットに作動するようになりました。
これによって、他の敵が射線を横切っても、照準が現在のターゲットから解除されにくくなります

私もOFFにしているのですが、ONに比べてエイムアシストが弱く、乱戦の際も引っ掛かりにくくなりました。

エイム・アシストイーズ・イン

エイムアシストによって突然スティック感度が変わるようなことを防ぐために追加された設定です。

0に設定するとイーズ・インは行われず、エイムアシストウィンドウサイズ内に入った瞬間に感度が急激に変化します。
100に設定すると、感度は照準とターゲットの距離に正比例して緩やかに変化します。

つまりターゲットに照準が近くなればなるほどエイムアシストが強くなります。

ちなみに公式はヒットスキャンなどの弾が即着するヒーローは数値を高めに、ハンゾーなど偏差うちが必要なヒーローは数値を低めに設定したらいい感じになるのでは、と言っています。
 

エイム・スムージング

照準の速度が0からMAXに到達するまでの加速度を設定できます。

この数値が100に近づいていくほど、照準のMAXスピードまでの到達時間が長くなります。
0にすると初速から感度MAXで照準をぶん回せます。

自分の周りでは20~40ぐらいの人が多かった印象です。

エイム・イーズイン

他のゲームで言うデッドゾーンと同義です。

主に照準テクニックのデュアルゾーンやリニアランプにおいてエイムを安定させるために使用する人が多い印象です。
また、私はコントローラーが故障して照準が勝手に動くといった際の応急処置として使った経験があります。

視点操作のX、Y軸の反転

スティックを傾ける方向と照準が動く方向を反転させる設定です。

振動機能

ONにすると弾撃ってるときにコントローラーがブルブルします。OFF推奨

移動スティックの入れ替え

左利きの方が使ったりしています。
ONにすると右スティックが移動、左スティックが照準操作になります。

スティック操作(レガシー)

右スティックの上下が視点操作、左右が移動。左スティックの上下が移動、左右が視点操作になる異色の設定。

この設定でやってる人は見たことないです。

照準テクニック

OWでは三つの照準テクニックが用意されています。

デュアルゾーン

デッドゾーンが狭く、スティックを倒した際90%以内は低感度、90%以上倒すと急に高感度になる

敵をアバウトに中心に捉えつつ振り向き速度も捨てたくない人向けの設定です。
ただし遠距離ではエイムアシストで余分に引っ張られたりデッドゾーンの狭さでピタリと止められず正確に狙えないので注意が必要。

指数ランプ

デッドゾーンが広く、スティックを倒した分だけ視点速度が速くなります。
最高感度がほかの二つと比べて若干低い(気がする)。

リニアランプ

デッドゾーンが狭く、デュアルゾーンの急に早くなったりするのが苦手な人向け。
指数ランプの超高感度版だがエイムが暴れます。とにかく感度が速い

最後に

感度が自分に合っているかわからないという方が多くいたので簡単な確認のしかたをご紹介します。

1.まずトレーニングモードに入ってすぐ正面にいる二体のボットの正面に立ちます

2.目を瞑ってボットの頭に照準を合わせて撃ちます

3.目を瞑ったままもう片方のボットの頭に照準を合わせて撃ちます

2と3の工程を繰り返してボットを通り過ぎてたり、届いていなかったら感度を微調整してみてください!

以上がPS4版の感度設定の解説になります。なにかお役に立つ情報があれば幸いです。
設定項目がたくさんあるので色々いじって自分に合った感度を見つけてみてください!

てーしん

オーバーウォッチ大好きマンてーしんです。

分かりやすくて役に立つ記事が書けるように頑張ります!

てーしんの投稿一覧

関連記事はこちら