国内最大級のオーバーウォッチ攻略・速報サイト

HOMEOverwatch速報オーバーウォッチ初心者向け、開幕構成の組み方と今勝てるヒーロー

オーバーウォッチ初心者向け、開幕構成の組み方と今勝てるヒーロー

オーバーウォッチ初心者向け、開幕構成の組み方と今勝てるヒーロー

ランクマッチでは
自分の好きなキャラを使ったり、なんとなくといった
選び方が多いと思いますが、
ここでは勝率を上げるピックの考え方を
ご説明したいと思います。

構成の組み方のコツ

DPS編

DPSでピックを選ぶ時に大事なことは以下のことです。
頻出ピックに対しての対面力
対タンク性能
ULTの強さ
味方とのシナジー(合わせやすさ)
相方DPSヒーローの特徴を知る

頻出ピックに対しての対面力

DPSはDPSに勝てないと状況は厳しくなってしまうため
一方的に不利になるリスクが少ないピックをだせるのが望ましいです。

そのため各マップの一番でてくる,強いヒーローを把握し
どのヒーローがきてもある程度戦えるヒーローを出すのが
最初からできるリスク対策です。

対タンク性能

しかしいくら対面力を高めたとしても
相手のDPSがセーフティーに動いてきたり
こちらがキルを生めない状況になってしまうと
どうしてもタンクから狙う場面がでてきます。

その時に対DPSに特化したヒーローをだしていると
タンクのダメージレースになったときに負けるリスクが高くなります。
その対策として
対面力と対タンク性能の両方をもったヒーローをだせるのが望ましいです。
ハンゾーやマクリー等は対面にもタンクにも
かなり強く出ることができます。

補足 メタキャラ

現在メタといわれている
・ドゥームフィスト
・リーパー
・メイ
・ファラ
等は対面力、対タンク性能ともに現状最強クラスです。

ULTの強さ

上記ほど大事ではありませんがかなり重要です。
DPSのULT一個で当たりが取れるのは大きなアドバンテージですから
ULTが強いヒーローを使うというのは勝利に大きく影響します。

補足 ULTが強いDPS

・トレーサー
・ゲンジ
・ファラ
・ソンブラ
・ドゥームフィスト
・ハンゾー
・ジャンクラット
・メイ

味方とのシナジー(合わせやすさ)

基本的にタンクの方やサポの方が合わせてくれます。

補足 シナジーの例

ドゥームフィストのパンチ+シグマのバリア
リーパーのULT+オリーサのストップ

メタといわれるヒーローは他ヒーローとのシナジーが桁違いに高いです。

相方DPSヒーローの特徴を知る

もしも味方が対面特化ヒーローを出すならば自分は
前線特化ヒーローを出しても試合はうまく回ります。

例を出すならばハンゾーウィドウメイカーです。
この場合ウィドウメイカーは相手の200族に対して
絶大な効果を発揮しますが、対タンク性能が乏しいです。
しかしハンゾーを出すことにより
前線をキープでき試合がうまく回るバランスのいいDPS構成です。

このように片方が対面特化してるならもう片方は前線特化等
お互いに不利なところを補完できるDPS構成がとても強いです。

TANK編

タンクでピックを選ぶ時に大事なことは以下のことです。
マップによる前線の張りやすさ
DPSが動きやすいかどうか
味方の構成に合わせる

マップによる前線の張りやすさ

ダイブにするのか、盾にするのかは主に
味方の構成をみて決めますが、
自分の判断で自分が動きやすい方にしましょう。

盾を張っても意味がない状況ではダイブを出し
ダイブしても味方の役に立っていないと思ったら盾をだしましょう。

マップや相手の構成によって
盾がいいのかダイブがいいのかはやっていけばわかることなので

数を回してどちらが適しているのか探す必要があります。

DPSが動きやすいかどうか

味方がマクリーやバスティオンの時に
ウィンストンはあまりピックしないと思います。

だしてはいけないということではないのですが、
勝率が高いとはいえない試合になるので
味方がダイブ構成の時はダイブタンクを、
味方が正面から構えるときは盾構成

味方のDPSを狙われにくくし
火力をだしやすい構成にしてあげるのがタンクの務めです。

味方の構成に合わせる

上記の内容と少し被っていますが大事です。

味方がロードホッグをピックしたら重ねて
サブタンクのDvaやザリアを出す行為は
かなりナンセンスです、サブタンクを二枚だして
勝てる自信があるのならば出してもいいかと思いますが
よっぽど自分が強くない限りはメインタンクをだしたほうが賢明でしょう。

SUP編

サポートでピックを選ぶ時に大事なことは以下のことです。
ヒールが回るかどうか
相手のDPSから逃げれるかどうか

ヒールが回るかどうか

一番大事です、ヒールが回らないと戦えません。
現在メタといわれているサポート
・モイラ
・ルシオ
・ブリギッテ
の特徴としては全員範囲ヒールを持ち合わせており
ヒールすることが非常に容易で好まれています。

もしも味方にゼニヤッタやマーシー等ヒール量に癖が強いサポートが
ピックされた場合はヒール量の高いサポートを出し、
十分なヒールをチームに供給しましょう。

相手のDPSから逃げれるかどうか

こちらもかなり重要です。
ゼニヤッタをピックして毎回ドゥームフィストにキルされてるようでは
サポートとしての意味がありません。

そのためには相手のDPSに対して
ある程度自衛が効くヒーローをだすのが得策です。

補足

いまメタといわれている
・モイラ
・ルシオ
・ブリギッテ
の三体は範囲ヒール+自衛性能も高いためメタ化されています。

マップごとの強キャラを把握する。

例えば
自分たちがHANAMURA防衛を例に挙げます

HANAMURAの攻撃でよくでてくるピックといえば
ウィドウメイカーハンゾー (正面火力,1ピック要員)
ゲンジトレーサー(ポイントを踏んで囮要員)

といったDPSが主でしょう、
このようにマップの強いキャラを考えれる知識をもっていれば
開幕ピックを悩むことは少なくなります。

あとはその対策できるヒーローをピックするだけです。

DPSならハンゾーやマクリー、リーパー等
TANKならラインハルトやオリーサ等
SUPは相手DPSに倒されない動きを心がけましょう

ランクマッチでは味方5人のピックを選べないため
自分がチームの不利なところを補完するようなピックがベストです。

初心者向け、何を使えばいいの?

上では構成の組み方を説明しましたが
実際今何を使えば勝てるのか、初心者目線で説明していきます。

リーパー

リーパー

火力が桁違いに高いです、
また対面力盾割り性能ともにトップクラスの性能です。
立ち回りとしては、
正面を押せば勝てる試合が最も多く単純な立ち回りです。

強いところ

・火力が桁違いに高い
・故にタンクに対しての圧が強い
・テレポートで高台を取れる
・レイスフォームによるヒットアンドアウェイ

難しいところ

・中距離、遠距離相手に対しての立ち回り
・正面を押せない場合の立ち回り

ハンゾー

ハンゾー

AIMが少し必要ですが、火力のおかげで
対面力、対タンク性能ともに高いです。
リーパーでは倒せない中、遠距離の敵を倒せるのが魅力

強いところ

・火力が高い(電光石火乱射)
・壁のぼりで高台がとれる
・相手の長距離ヒーローに対して撃ち合える
・ULTの使い勝手がいい

難しいところ

・ダイブタンクに弱いため立ち回りに工夫が必要
・トレーサやドゥームフィスト等のフランカーに弱い

ラインハルト

ラインハルト

オリーサは初心者向けではないため
ラインハルトを使いオリーサの
盾を追い越すような立ち回りをすると
相手のオリーサを完封することができます。

強いところ

・盾を張って前進するだけで勝てる
・ファイアストライクによる火力が魅力的
・チャージ、ULT等キャリー性能が高い

難しいところ

・前を詰めれないとオリーサに負けてしまう
・バスティオン構成相手には厳しいところがある

モイラ

モイラ

高ヒール力、高い生存能力、ULTによる当たり合い性能
間違いなく現状最強サポート

強いところ

・玉と粉を使うことで高いヒール能力
・フェードによる生存能力
・HPの減った相手を刈り取る処理能力
・当たり合う直前にULTで押すことで試合をキャリーできる

難しいところ

・安易なフェードを使ってしまうと追撃されてしまう
・初心者の内は粉が切れてしまうため見極めが必要
(粉と玉を全部使いそのタイミングでULT溜まるのが望ましい)

その他

あとがき

強いヒーロー使いながら考えてプレイしてればレートは上がります。

メタではないヒーローを使うならば
更に考える必要がありますが勝てないわけではありません。

またこのゲームの醍醐味は読み合いです。

質問返し

プロの動画を視聴する際に効率を高める方法は
・スキルの使うタイミングを見る。
・立ち回りを自分のと見比べる。
・なぜその動きをしたのか自分で考えるようにする。

プロの動画を見るということはプロの動きに似るという結論になります。
そのためにはプロの方がどのような考えで動いてるのか、
自分の頭とリンクさせることが練習として最適で

動画の中のプロがこの先どのように動くのか予め予測できたら完璧です。

中の人

Overwatchプレイヤーのための攻略情報を配信していきます!
CS・PC問わずOverwatchをプレイ中。
β版からやっている知識を生かし
読むだけで強くなれる記事を作成できるよう
日々精進しています。

中の人のTwitter

中の人の投稿一覧

2019.12.04 Overwatch速報
関連記事はこちら