国内最大級のオーバーウォッチ攻略・速報サイト

HOMEOverwatchコラムコラム【英訳】2019年Overwarchの人口は減ったのか?

コラム【英訳】2019年Overwarchの人口は減ったのか?

コラム【英訳】2019年Overwarchの人口は減ったのか?

2019年Overwarchの人口は減ったのか?

プレイヤーはアクティブ人口を知りたいと思っていますが、
ブリザードはオーバーウォッチを
プレイしている人数の統計を発表していません。

最新の数字は「月間4000万人以上のプレーヤー」であり
これは販売数にのみ基づいていました。
販売数のみでアクティブ人数を公開しない数字は
オーバーウォッチファンを満足させるものではありませんでした。

多くのオーバーウォッチのプレイヤーは、
しばしばゲームが「死にかけている」と言っており、
また一部の人は自分のアイデアを試してみたいと思っています。

Overwatchの残念なイベント

競争力のある一人称シューティングゲームが
無料のコンテンツ(新スキンやイベント)を提供しているにもかかわらず、
そのプレイヤーの多くは、
大半のプレイヤーを満足させるのに十分ではないと感じています。

「私たちは文字通り20分のコンテンツを1年待ちました」と、
Twitterのユーザーの1人が、
OverwatchのStorm Risingイベントに怒りました。

4月には多くのプレイヤーがこの感情に賛同し
1人のファンがRedditのイベントに対する個人的な不満を指摘しました。
そこで、彼らは
Storm Risingイベントに失望した理由をいくつか挙げています。
これには、ゲームモードがどれだけ短くて簡単か
そしてイベントで明らかにされるはずのストーリーが
アーカイブの主な焦点であるにもかかわらず、
ほとんどの情報を明らかにさせなかったことが主です。

「なぜこれらのヒーローが選ばれたのかさえわからない。
ゲンジはブラックウォッチだったのになんでそこにいたのか?
ブラックウォッチとしていたなら、なぜマクリーはいないのか?
ラインハルトはどうしてるのか?」彼らは尋ねました。

またオリジナルのポスターや、
プレイヤーがヒーローや彼らのバックストーリーについて
新しいことを実際に見つけれなかったので、
「真実を追いかける」という
キャッチフレーズはばかげていると感じました。

「私の最大の失望は、
Blizzardが前回のアーカイブスイベント(レトビリューション)以来
一年中古いイベントをリサイクルし続けていることです

そして、彼らは私たちに同じイベントを与えます…理解できません…」
と別のプレーヤーが言いました。

この失望は
オーバーウォッチがサマーゲームをリリースしたときにも感じました。
オリンピックとスポーツをテーマにしたスキンの多くは
前回のイベントからリサイクルされ、
ルシオボールは再び唯一の追加ゲームプレイモードでした。
変更点は、アーケードモードの
いくつかの新しい要素だけで
他にはあまり追加されていません。

一部のプレイヤーは、追加されたTorbjornスキンと
まだ無料のコンテンツであるということで、
ゲームを守るためにOverwatchを盛り上げました。
しかし多くの人にとって
それだけでは彼らを興奮させたり
アクティブにしたりするには十分ではないようです。

2019年Overwarchの人口は減ったのか?

それでは、一見残念なイベントのすべてから、
実際にゲームをプレイしている人は少なくなったでしょうか?

ブリザードはまだ正確な数を明らかにすることを拒否しましたが
ゲーム開発者は昨年11月の電話会議で詳細を明らかにしました。
彼らは、オーバーウォッチを含むいくつかの主要なゲームの数字が
横ばいまたは減少していると述べました。

しかし、彼らは心配するのに
十分な減少ではなかったと指摘しました。

まず、ゲームは3年前です。
月や年が経つにつれて、
ほとんどのゲームがいくらかの熱気を失うことは珍しくありません。

Twitchにスポットライトを当ててみましょう、
1月のゲームの視聴者はわずか19,000人でしたが
オーバーウォッチリーグと他の変数のおかげで、
オーバーウォッチは過去30日間で平均34,000人の視聴者に戻っています。
これにより、その期間中Twitchで9番目に視聴されたゲームになりました。

一部のファンは、オーバーウォッチを見ているリスナー数は、
自分でプレイしている人々の数を
示していないことをすぐに指摘しています。
(34,000人が見てるからと言って34,000人プレイしているわけではない)

また、オーバーウォッチリーグの放送中に
Blizzardが視聴者の信頼を高めるために多大な時間を費やし、
特に視聴者にゲーム内通貨を提供することも事実です
バックグラウンドでストリームをオンにしたままでも、
この効果の恩恵を受けることができます。

オーバーウォッチのプレイヤーが実際に何人いるのかはまだ不明で
最近は若干減少しているようですが、
ゲームが「死にかけている」という主張を
裏付けるにはまだ十分ではないようです。

あとがき

ソース元
8,9割合っています。

中の人

Overwatchプレイヤーのための攻略情報を配信していきます!
CS・PC問わずOverwatchをプレイ中。
β版からやっている知識を生かし
読むだけで強くなれる記事を作成できるよう
日々精進しています。

中の人のTwitter

中の人の投稿一覧

関連記事はこちら