国内最大級のオーバーウォッチ攻略・速報サイト

HOMEOverwatch速報2019年10月16日パッチノートまとめ

2019年10月16日パッチノートまとめ

2019年10月16日パッチノートまとめ

オリシグ弱体化を始め、13体のヒーローに対する大幅なバランス調整を含む大型パッチがついに実装!

以前からPTRにて実装されてしましたが、今回のアップデートで
ライブサーバーへ正式に実装されることとなりました。

今回の記事ではどんな調整がされたのかロールごとに紹介していきます。

タンク

D.Va (強化)

ディフェンスマトリックス

・ゲージの回復速度が毎秒12.5%から16%に増加
・ゲージの回復が始まるまでの時間が1秒から0.75秒に減少

今までのGoats環境の中で幾度となく弱体化を食らったD.Vaですが、今回の
パッチで久しぶりの強化となりました。

D.Vaの強みであるディフェンスマトリックスに強化が入りました。ウィンストンにも強化が入ったので、ダイブが強くなってD.Vaが使われるようになったらまたultを消される恐怖が蘇りますね。

オリーサ(弱体化)

プロテクティブ・バリア

・クールタイムが9秒から10秒に増加

オリホッグや現環境最強の構成と言われるのオリシグを築き上げてきたオリーサですが、当初のクールタイム8秒からシグマの実装とともに9秒、そして今回10秒に延長されました。

実装当初と比べると耐久力がかなり落ちた印象があるオリーサですが、これからどのように運用されるのか楽しみです。

ロードホッグ(強化)

スクラップ・ガン

・弾薬が5発から6発に増加

個人的には数字以上に大きな強化。あと一発でやれたのに・・・とか、フックで釣ったけど弾無かった!みたいなことが減ることを考えると地味に嬉しいです。

シグマ(弱体化&微強化)

キネティック・グラスプ

・ロードホッグのチェイン・フックとブリギッテのウィップ・ショットを弾かないよう調整

グラビティ・フラックス

・地面へ打ち付けたあとのスタン時間が1.2秒から0.9秒に減少

エクスペリメンタル・バリア

・回復速度が秒間175から150へ減少
・バリアを再展開するためのクールタイムが1秒追加
・最初の0.2秒間のキャストタイムが削除

実装されてからこれまでのオリホッグ環境を一瞬でぶち壊したシグマですが、今回のパッチで大幅な弱体化を食らっています。

特にバリアの回復速度低下と再展開にクールダウンが追加されたことにより
耐久力が大きく落ちました。
一方で盾が一瞬で出現するようになり、咄嗟の状況に対応しやすくなりました。

ウィンストン(強化)

バリアプロジェクター

・持続時間が6秒から9秒へ増加
・バリアのヘルスが600から700へ増加

ウィンストンの生命線ともいえるバリアに強化が入りました。これにより
ウィンストンが更にしぶとく生き残れるようになりましたね。
あわせてD.Vaやトレーサーの強化もされるのでダイブ構成復権なるか!?

ダメージ

ドゥームフィスト(弱体化)

ロケット・パンチ

・最大までチャージする時間が1秒から1.4秒に増加
攻撃は最大の防御力なり
・スキルのヒットから得られるシールドが35から30へ減少

現環境で最もピックされているダメージヒーローのドゥームフィストに
弱体化が入りました。
チャージ時間がわずかに伸びたため被弾するリスクが微増しますが、正直あまり大きな変更では無いのでまだまだ猛威を振るいそうです。

ちなみに筆者は毎回相手のドゥームフィストのパンチガチャに当たって理不尽なデスをするのでホント何とかして欲しいと願っています・・・

ソンブラ(バランス調整)

トランスロケーター

・クールタイムが4秒から6秒へ増加
・クールタイムが展開または、敵に破壊されたタイミングと同時に開始

クールタイムが伸びた代わりにロケーターを置いた瞬間からクールタイムの
カウントがされるようになりました。

これでテレポート直後に再度ロケーターを設置するといった使い方ができるようになります。ただし敵にロケーターを壊された場合も再度置けるようになるには
6秒かかるのでその点は弱体化したといえます。

シンメトラ(弱体化)

フォトン・バリア

・持続時間が15秒から12秒に減少
・ヘルスが5000から4000へ減少

セントリー・タレット

・ダメージが50から40へ減少

フォトン・プロジェクター

・メイン攻撃のビーム被弾時の音が被弾したプレイヤーにより大きく聞こえるよう調整

シンメトラのタレットは厄介でしたがダメージが減ったことにより対処しやすくなりました。
ultの部分に関しては耐久値、持続時間ともに減少しました。

トレーサー(強化)

パルス・ピストル

・ダメージの減衰が始まる距離が10メートルから13メートルに増加

トレーサーのメイン武器に強化が入りました。
自分もPTRで触って見たのですが、中距離からタンクに対するダメージが出しやすくなりultの回転率が良くなりそうという印象です。
200族に対しては弾の集団率が悪いためそもそも13m離れた場所から打たないので従来通りの使用感です。
以前のパッチでのブリギッテの弱体化も相まってトレーサーも使いやすくなりそうです。

サポート

バティスト(弱体化)

イモータリティ・フィールド

・ヘルスが250から200へ減少

単独で壊すには絶妙に厄介だったイモータリティ・フィールドですが耐久値が200になったことにより、ウィドウで2発、マクリーで3発当てれば壊れるようになりました。逆にバティスト側にとっては壊されやすくなったことで、使うタイミングが難しくなりました。

ルシオ(バランス調整)

クロスフェード

・スピードブーストの効果が20%から25%に増加

アンプイットアップ

・スピードブーストの効果が50%から60%へ増加

ウォールライド

・スピードアップの効果が40%から30%へ減少

Goats環境下で弱体化されたルシオですが、ロールキューになったことにより元のルシオに戻りました。
より味方にバフを強力にかけることができるようになり、サポートとしての役割を担いやすくなりました。

余談ですがS1では常時スピードブーストが50%、アンプで100%増加という化け物性能でした。懐かしいです・・・

マーシー(強化)

ヴァルキリー

・ウルト使用中の追加のビームが敵のバリアを貫通するよう調整

ult中はビームが盾を挟んでも途切れないようになりました。盾持ちのヒーローが多い現環境では嬉しい強化ですね。

モイラ(弱体化)

バイオティック・グラスプ

・自己回復量が秒間30から20へ減少

ヒール玉による自己回復量が減少しました。
生存力が少し低くなる、とはいってっも味方へのヒーラー随一のヒール性能は変わらずですのでまだまだ強いです。

まとめ

ざっと紹介してきましたが皆さんは今回のパッチどう思いますか?
オリシグ一強の現環境に運営が
テコ入れしようとしているのがわかりますね。
特に今回の調整ではダイブ構成の際に
よくピックされるヒーローたちに強化が
入っています。

これで様々な構成が見られるようになると楽しいですよね!
個人的にはドゥームにもっと弱体化が来てもいいような気がしてます。
それでは今回はこの辺で。

てーしん

オーバーウォッチ大好きマンてーしんです。

分かりやすくて役に立つ記事が書けるように頑張ります!

てーしんの投稿一覧

関連記事はこちら